来る年の を願って

松島開運 日帰りバスツアー

2018 SENDAI 光のページェント

 無題

 
松島巡り遊覧船

遊覧船♦松島湾開運島巡り特別コース(イメージ)

・・・・・

鮪他10貫セット@①あら汁

昼食♦開運握りずし10貫(エビ・タイ・アナゴ・タコ・マグロ)あら汁付き(イメージ)

・・・・・

瑞巌寺① 塩竈神社

左/瑞巌寺本堂 右/塩竈神社 (イメージ)

・・・・・

光のページェント仙台光のページェント(イメージ)

・・・・・

 

詳しい案内は、
  こちらをクリック→→→パンフレット☆ (PDF版)

ツアー名

来る年の を願って

 松島開運 日帰りバスツアー
        &
2018 SENDAI 光のページェント

 ゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚

出発日

 

平成30年1222日(土)

※ 12月17日(月)までにお申し込みください 
  ただし、定員になり次第締め切ります 

旅行代金

ご旅行代金

おひとり様 9,800円 
 

※ 旅行代金に含まれるもの:貸切バス代(岩手県北バス)、昼食代、遊覧船乗船料、瑞巌寺拝観料、ガイド代
※ 添乗員同行 

乗車地

 

  8:20 盛岡駅西口集合(8:30出発
・松島湾開運島巡り特別コース
・国宝・瑞巌寺見学
・松島フリータイム(伊達政宗歴史館、松島さかな市場など)

・海鮮せんべい塩竈
・塩竈神社
・光のページェントフリータイム

(18:00仙台出発)
20:30 盛岡駅西口着

 

募集人数


最少催行人員:
25名さま


食事:朝× 昼〇 夕×

おすすめポイント

❋国宝・瑞巌寺ガイド付き見学
瑞巌寺は正式名称を「松島青龍山瑞巌円福禅寺」といい、現在臨済宗妙心寺派に属しております。開創は平安の初めにさかのぼります。
天長5年(828)比叡山延暦寺第三代座主慈覚大師・円仁が淳和天皇の詔勅を奉じ、3000の学生・堂衆とともに松島に来て寺を建立しました。
この寺は延暦寺と比肩すべき意を持って延福寺と命名され、平泉・藤原氏の外護を受けました。
藤原氏滅亡の後は鎌倉幕府が替わって大檀越となりました。北条政子は当時学徳一世に高かった見仏上人に仏舎利を寄進し、夫の菩提を弔わせています。その仏舎利・寄進状は今に伝わっております。
慶長5年(1600)関ヶ原の戦いが終了した後、仙台に治府を定めた伊達政宗は、
仙台城の造営と併せて神社仏閣の造営も行い、塩竃神社・仙台大崎八幡宮・陸奥国分寺薬師堂を相次いで完成させました。
伊達家の厚い庇護を受け、瑞巌寺は110余りの末寺を有し、領内随一の規模格式を誇りました。

❋塩竈神社
当社は古くから東北鎮護・陸奥国一之宮として、朝廷を始め庶民の崇敬を集めて今日に至りました。
当神社創建の年代は詳らかではありませんが、平安時代初期、嵯峨天皇の御代に編纂された「弘仁式」に「鹽竈神を祭る料壱万束」と記され、厚い祭祀料を授かっていたことが知られます。つまり、奈良時代国府と鎮守府を兼ねた多賀城が当神社の西南5km余の小高い丘(現在の多賀城市市川)に設けられ、その精神的支えとなって信仰されたと考えられます。
武家社会となってからは平泉の藤原氏・鎌倉幕府の留守職であった伊沢氏、そして特に伊達氏の崇敬が厚く、歴代藩主は大神主として務めてまいりました。
現在の社殿は伊達家四代綱村公から五代吉村公に亘り9年の歳月をかけ宝永元年(1704)竣工されたものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼食は開運握りずし10貫
           
(エビ・タイ・アナゴ・タコ・マグロ)
               あら汁!

松島&光のページェントでは
                                   フリータイムあり♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お申し込みは、カレンダーの○をクリック!↓↓

松島開運日帰りバスツアー&仙台光のページェント

2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31