*こちらのツアーは終了しました*


 東日本大震災から8年。変わったもの。変わらないもの。
これからずっと、語り継がれていくもの。

三陸鉄道・特別運行「震災学習列車」で行く
2019年 新たな三陸の夜明け。

だから、現在(いま)を感じる三陸

 



普段個人では乗ることができない「三陸鉄道 震災学習列車」に乗車。
震災当時の三陸・今の三陸をガイドがご案内いたします。
もう、8年。でもまだ、8年。
復幸(ふっこう)に向け歩み続ける三陸の今を、ぜひ体感してください。

 


120408陸中野田ー野田玉川914D 図1
          陸中野田~野田玉川 2012年4月撮影(イメージ)

図2
左上 鵜住居水門(2018年8月撮影)/右上 片岸海岸防潮堤(2018年3月撮影)
左下 陸中物産センター石川外観/右下 道の駅たろう外観 (すべてイメージです)

三陸鉄道のホームページはこちら http://www.sanrikutetsudou.com/

 

詳しいご案内は 
 こちらをクリック♪ →→→ パンフレット☆(PDF版)

ツアー名


三陸鉄道・特別運行「震災学習列車」で行く
 2019年 新たな三陸の夜明け。


だから、現在(いま)を感じる三陸。

【満員御礼】

出発日


2019
年 311日(月)

※ 申込締切は3月4日(月)
※ 定員になり次第締め切ります

旅行代金


お一人さま
 11,000(盛岡駅発着)

※ こども(小学生)同額。
※ 幼児・乳児は無料です。ただし食事、バス及び車両お座席のご用意はございません。
※ IGR乗車駅による差額はございません。
※ 震災学習列車 記念乗車証を差し上げます。

乗車地

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7:15発 盛岡駅
   貸切バス
道の駅 とおの風の丘
   貸切バス
釜石市鵜住居(うのすまい)地区
・震災ガイド
   貸切バス
陸中物産センター石川
・昼食
   貸切バス
道の駅 たろう
   貸切バス
田野畑駅
   🚋鉄道
三陸鉄道「震災学習列車」
   🚋鉄道
15:43頃着 久慈駅
   ↓👣徒歩
三陸鉄道車庫特別見学
   貸切バス
道の駅 くじ
   貸切バス
19:15頃着 盛岡駅西口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
利用バス会社:岩手県北自動車


※ 盛岡市内・三陸地域等の前泊・後泊のお申込も承ります(別料金)。お気軽にお問合わせください。
※ 途中離団される場合でも差額のご返金はございません。また、離団された後の交通費等は含まれておりません。
※ 「震災学習列車」の座席は自由席となります。
※ 14:46頃に黙とうを行います。ご協力をお願いいたします。
※ 運輸機関のスケジュール変更・天候状況・交通規制・現地道路状況等により、出発・到着時間、行程が変更になる場合があります。また、当日の式典等イベントや現地工事進捗状況等により、案内場所の変更がある場合がございます。
※ メディア等の取材が入る場合がございます。予めご了承ください。

募集人数


最少催行人員:25さま


※ 添乗員:全行程同行 
※ 食事:朝× 昼 ○ 夕×

おすすめポイント

★釜石市鵜住居地区
 被災建物1,670戸、死者・行方不明者数586名(いずれも平成23年現在)。釜石市の中で最大の被災を記録した鵜住居地区。
 小中学校・幼稚園・行政機能のほか、商業機能やあらゆる生活関連機能が喪失しました。著しい人口減少などの課題も抱える中、現在復興整備が進められ、2019年のラグビーワールドカップ開催三陸鉄道リアス線(旧JR山田線)鵜住居駅の復活など、当地区は新たな節目を迎えます。
 今回は、片岸海岸防潮堤・鵜住居水門を中心とした被災・防災の観点から、この鵜住居地区をご案内いたします。

★陸中物産センター石川(昼食場所)
 昭和初期の料亭「石川亭」が前身。その後昭和62年に現在の宮古市磯鶏(そけい)地区に移転し、土産物店・レストランを営業していました。
 東日本大震災による津波で、2階建ての建物のうち1階部分が全損。平成24年に改修を終え、現在に至っています。付近には、三陸鉄道リアス線(旧JR山田線)開通により復活する磯鶏駅や、平成30年6月就航の宮古~室蘭航路の拠点・宮古港フェリーターミナル(藤原ふ頭)があり、宮古港を望む風光明媚な場所となっております。

※ 当日のご昼食には「お刺身」が含まれます。生ものが苦手な方は、お申込み時お問い合わせください。


★道の駅たろう
 東日本大震災で甚大な被害に見舞われた宮古市田老地区。
復興整備が進む中、平成30年4月、田老地区中心部に移転再オープン。国土交通省『重点道の駅』に認定され、田老地区の再生・創世に向けた住民活動の交流・連携、三陸ジオパークのゲートウェイとして位置付けられています。
 観光情報施設のみならず、個人商店・コンビニ・産直・多目的施設が同一敷地内に並ぶ複合エリアです。


【ごあんない】

※ 見学に際し、特別な許可をいただいております。

※ 当日は安全のため、ヘルメットをご着用いただきます。現地案内人が同行いたします。
※ 歩きやすい服装・靴でのご参加をお願いいたします。
※ 徒歩移動(坂道を含む)がございます。




 
掲載パンフレットをご確認の上
お申込み下さい。

お申し込みは、カレンダーの○をクリック!↓↓

三陸鉄道震災学習列車ツアー 『今だから、現在(いま)を感じる三陸。』 

2019年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年6月