本シリーズツアーは、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、
今シーズンの開催を中止することといたしました。
ご期待いただいていた皆様、たいへん申し訳ございません。
今シーズン予定していた企画は、
次年度に移行する予定です。

IGR・いわて旅の学び舎2020

各地の専門解説員から学ぶ

旅する南部塾-第三幕-

~中世から近世へ 南部氏と城下町~
  

第二回
「城下町花巻と北信愛」

 花巻城本丸跡
花巻城跡(イメージ)

 

昨年2019年は
「中世南部氏家臣団と信仰の世界」と題して

南部氏家臣団ゆかりの地と信仰の対象としての十和田湖
を訪ねてきました。

さて、今年2020年は
「中世から近世へ 南部氏と城下町」をテーマに

”南部塾”第三幕が幕を開けます。

第二回は花巻市で、
南部氏の家臣の一つ北氏を巡る旅として「城下町花巻と北信愛

 

【案内人】

小田桐睦弥氏、高橋静歩(花巻市博物館)

図1

・・・・・・・・・・・・・・・

主催:IGRいわて銀河鉄道株式会社 銀河鉄道観光 
協力:財団法人岩手県文化振興事業団岩手県立博物館
   南部町教育委員会、久慈市教育委員会、
遠野市市教育委員会、花巻市博物館、
紫波町教育委員会、盛岡市遺跡の学び館、
日本城郭史学会盛岡支部、もりおか歴史文化館

   函館市博物館、室蘭市教育委員会

 

 

 

詳しい案内は、こちら!
    
旅する南部塾・第三幕ウラ(2020.03.16) 旅する南部塾・第三幕オモテ(2020.03.16)

ツアー名


 旅する南部塾-第三幕-
  ~中世から近世へ 南部氏と城下町~


第二回テーマ
「城下町花巻と北信愛」


【案内人】
小田桐睦弥氏、高橋静歩氏(花巻市博物館)

出発日

 

2020614日(日)   日帰り

※ 募集締切は出発日の7日前
※ ただし、定員になり次第締め切ります

旅行代金


盛岡駅集合・解散
お一人様 9,3
00円


目時駅~小鳥谷駅間
途中乗車の方は往復乗車券付 10,800
(HPから申込される方はメッセージに往復乗車券付とご記載ください。)

※ 旅行代金に含まれるもの:貸切バス代(岩手県北バス)、ガイド料、昼食代、施設入場料
※ 全行程添乗員同行
※ 食事:朝× 昼○ 夕×

乗車地

・・行程 ・・・・・・・・・・・・・・・・

8:50  盛岡駅  集合

9:00 盛岡駅発
            ↓ 
10:00 花巻市博物館
11:30 発
    ↓
11:50 金婚亭(昼食)

    ↓
13:00 花巻城跡・鳥谷崎神社
 (城下町散策)
15:30 雄山寺

    ↓
16:10 道の駅石鳥谷
    ↓
16:20 発
    ↓
17:00頃 盛岡駅解散

【凡例】 ↓…バス、…徒歩、+++…電車

・・集合・解散に便利なIGR電車のご案内・・・

7:43 金田一温泉駅 +++ 7:51 二戸駅 +++ 7:57 一戸駅 +++ 9:00 00盛岡駅 

17:24 盛岡駅 +++ 18:27 一戸駅 +++ 18:33 二戸駅 +++ 18:40 40 金田一温泉駅 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ バス座席に関しましては、弊社にて指定させていただきます。
※ 運輸・観光機関のスケジュール変更・内容変更・天候状況・交通規制・現地道路状況等により、出発・到着時間、行程が変更になる場合がございます。

募集人数

 

40名さま (最少催行人員:15名さま)

おすすめポイント

✿花巻城跡

近世の新領主・南部信直は重臣である北秀愛(きたひでちか)に8,000石を与え、鳥谷ヶ崎に城代として入城させた。この時、秀愛がそれまでの「鳥谷ヶ崎」という名を「花巻」と改め、城下町の整備や城の改修に着手した。秀愛の死後は父・松斎信愛(しょうさいのぶちか)が事業を継承したが慶長18年(1613)死去した。藩主・南部利直は長子の政直に和賀・稗貫(ひえぬき)の地から2万石を与え花巻城主とし、仙台藩境の警備にあたらせた。政直の死後は嫡子がなく、寛永元年(1624)からは城代を置き、以後明治維新まで存続した。
安土桃山時代末期まで、鳥谷ヶ崎は稗貫氏の本拠地であった。稗貫氏は鎌倉時代、源頼朝に稗貫郡を与えられ入部、中世末期まで続いた豪族である。所領は現在の南部を除く花巻市に及び「稗貫五十三郷」といわれる。各郷に一族・家臣を置き、諸城を築いていた。当初は小瀬川館(あるいは瀬川館)を本拠としたが、郡内各地を転々として最終的に鳥谷ヶ崎に城を構えた。史料によると永享8年(1436)以降のことであると思われる。
天正18年(1590)稗貫広忠(ひえぬきひろただ)の代に、豊臣秀吉の小田原攻めに参戦しなかったことで所領を没収・居城追放となった。しかし、広忠は同じく所領を没収された弟・和賀義忠(わがよしただ)がかつての本拠・二子城を攻めるのに呼応して鳥谷ヶ崎奪還に立ち上がり、一時は成功したと伝えられている。その後広忠については伊達政宗を頼り、平泉周辺に、そののち旧臣矢沢三河守の所へ移ったと伝えられている。

 

 

 

お申し込みは、カレンダーの○をクリック!↓

【募集中】旅する南部塾-第三幕- 第二回「城下町花巻と北信愛」6月14日(日)出発【日帰り】

2020年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2020年5月